富士フイルムの二本のマクロレンズを試してみる!

うたた寝


〜風に揺られて
心地よさげに
ひと眠り〜

 
富士フイルムXシリーズ用の二本のマクロレンズ、その違いとは?

富士フイルムXシリーズには下記のように焦点距離も開放F値も似通った二本のマクロレンズが用意されています。
それぞれの特徴と違いについて見ていきましょう。

XF60mmF2.4 R Macro
XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

 
 

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」は、等倍までの撮影ができるマクロレンズです。
被写体にぐぐっと寄って、大きく写すことができます。
80mmの望遠でもともと被写界深度が浅い上に、近づくことでピントの合う範囲が狭くなるので、大きくてふんわりやわらかいボケが得られます。
 

アジサイの蕾の一つにググっと迫りました!
ここまで寄れるのは等倍マクロならでは。
そしてピントが合った蕾以外の、周囲の部分がふわっと大きくボケています。
このやわらかなボケ味は、80mmという望遠と等倍まで寄れるマクロだからこその表現ですね。
 

アルストロメリアのシベに大胆に寄ってみました。
ここまで寄るともう何の花だかわかりませんね。
でもそのぐらい心惹かれた部分だけに寄って切り取ることが、等倍マクロでの撮影の醍醐味なんです。
 
 

XF60mmF2.4 R Macro

一方、「XF60mmF2.4 R Macro」最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ。
80mmほど近寄って大きく撮ることはできませんし、ボケも少し小さめになります。
でも、普通のズームレンズに比べればかなり寄れますよ。
 

60mmで撮影したアジサイです。
ここまで大きく寄れたら、じゅうぶんマクロ撮影が楽しめそうですよね。
 

ボケすぎないのも60mmのいいところです。
このように一輪の花に寄っても、極端に周囲がボケることもなく、その場の雰囲気が伝わります。
背景に木漏れ日の円ボケを入れてもあまり大きくボケませんが、それがむしろ光がキラキラ輝く感じを演出してくれています。
 
 

二本のマクロレンズを比べてみる

最後にちょっとこの二本の大きさを比べてみましょう。
 

ずいぶん違いますね!
重さも三倍以上の差があります。
「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」は手ぶれ補正や防塵防滴機能が付いていたりと、さまざまな条件下で撮影できるように作られていますので、それも仕方ないですね。
「XF60mmF2.4 R Macro」は小さくてコンパクトなので、いつでもバッグに入れておいて気軽にマクロ撮影が楽しめます。

このように、焦点距離が似通っている二本のマクロレンズ。
それぞれ特徴がありますので、撮影スタイルや好みに合わせて使い分けしたいですね( ^ ^ )
 

 
 

マクロ講座、やります!

富士フイルム「アカデミーX大阪」にて、マクロ初心者向けの講座を開催いたします!(^^)
マクロ撮影が初めての方向けに、マクロの基本を座学で講義した後、マクロ撮影を実際に野外で体験していただく講座です。
ご希望の方にはXシリーズカメラ・マクロレンズ・エクステンションチューブなどの貸出もありますので、普段富士のカメラは使っているけど、ちょっとマクロレンズを試してみたいという方はぜひご参加ください!
講座のお申し込みと詳細はこちらです。
https://academyx-jp.fujifilm.com/pages/programs/248
 
 

クニ・ヒロ(國政寛)

大阪在住。マクロレンズで光とボケが織りなす幻想的な世界を描き出すマクログラファー。
クニさんの花マクロ写真塾主宰。
一般社団法人日本写真講師協会認定フォトインストラクター。


2019-08-25 | 撮影アイテム撮影テクニック