イルミネーションは、このように撮れば間違いない!

イルミネーションを、もっとより幻想的に撮るテクニックと、間違いやすいポイントをご紹介!

【おすすめ機材】

  • できればF値を小さいレンズ(F値が小さいレンズほど、背景がボケやすく明るい)
  • 幻想的にしたい場合は、広角より望遠側
  •  

    おススメの撮り方1

    一眼の方は、Aモード(AVモード)がおすすめ

    絞りを開放にすることで、背景がボケやすく幻想的なイメージになりやすいです。
     
    撮影:F1.2 1/58秒
    撮影:F1.2 1/58秒
    毎年ですが混雑するときはなるべく望遠で撮れるレンズをオススメします。
    どうしてもたくさんの人が写ってしまうので、アップの写真を撮るとクリスマスの世界観を閉じ込めることができます。
     
     
     
    撮影:F1.2 1/58秒
    撮影:F1.2 1/58秒
    中にはサンタさんが乗る汽車も走っていますよ。
    後部座席は乗ることもできるため、サンタさんが乗っている一番前だけを撮影してみました。
     
     
    というわけで、まず1番目の紹介は大阪市梅田の定番、「ドイツクリスマスマーケット(梅田スカイビル)」でした。
     
    撮影:F1.2 1/58秒
    撮影:F1.2 1/58秒
    そんなときに、卓上三脚をオススメします。
    特にミラーレス一眼をお使いの方はとっても便利です。
    かさばらないので、いつもポーチにいれています。

     
     
     

    おススメの撮り方2

    ISO感度は高めに設定

    撮影:ISO1600 F1.6 1/125
    撮影:ISO1600 F1.6 1/125
    ただし、たまにイルミネーションが明るくて高めに設定する必要がない場合もあるので、手ブレしそうになったらISO感度を上げよう。
     
     
     

    おススメの撮り方3

    黒い筋を防ぎましょう

    撮影:NG例
    撮影:NG例
    「撮影中黒い筋がはいるけどカメラの故障なの!?」っていうのが最近のイルミネーションで多い質問。
    実はLEDというのは点滅をしているのですが、なかなか肉眼では気づきませんがカメラでは写ってしまうんですね。
    その場合、1/100秒より早いシャッタースピードでイルミネーションを撮ると撮影結果にムラがでることがあります。
    だからといって、シャッタースピード優先モードで撮らないと!ではなく、AやAVのままで撮影をしていていいのですが、シャッタースピードを気にしながら、ISO感度を調整してもらうというやり方がオススメです。
     
     
     

    おススメの撮り方4

    前もボカしてみましょう

    撮影:ISO400 F2.8 1/160
    撮影:ISO400 F2.8 1/160
    ある程度イルミネーションに近づくことができるなら、レンズにくっつけるぐらいにライトを持ってくるとこのような玉ボケが手前にできます。
    オススメは背景も手前もボカすのが、幻想的でドリーミーになるポイントです。
     
     
     

    最後に!

    イルミネーションだけでなく、まわりの面白いモノも撮っておきましょう。

    梅田阪急にあったヒンメリのそばにいたサンタクロースは、人形なのにとっても生きているようでした。
    撮影:ISO1600 F1.8 1/75秒
    素敵なクリスマスと年末を!
     

    やまぐち千予
    大阪在住、和歌山出身。フリーランスフォトグラファー。デジタルハリウッド大阪校非常勤講師 / FUJIFILM Xセミナーズ講師 / 関西カメラ女子部主宰。
    http://piyocamera.com

    関連記事