スクラップブッキングで写真を飾ろう VOL.2

スクラップブッキングには、さまざまな専用の道具があります。
普段の生活の中でも使える便利なものもあるんですよ!

スクラップブッキングさまざまな道具を使って作品を作り上げていきます。
スクラップブッキング専用のものもあれば、百均や手芸屋さんで手に入れたもので代用できるものもあります。

今回ご紹介するのは、「トリマー」
honma_scrap2
 
写真やペーパーを真っ直ぐにキレイにカットできる、とっても便利な道具です。
メモリも付いているので、ペーパーの大きさを測りながら切ることができます。
スクラップブッキングを始めるにあたって、まず最初に手に入れたい道具です。

スクラップブッキングはアメリカが発祥のため、トリマーのメモリの多くは「インチ」単位で表記されていますが、最近では「センチ」単位のものも出ています。

このトリマースクラップブッキング専用のものとして販売されていますが、普段も使えます。
紙を真っ直ぐに切りたい時には、とっても便利な道具です。

また、替刃も販売されているので、いつでもキレイな切れ目で作品を作ることができます。
スクラップブッキングを始める時には、ぜひトリマーも準備して下さいね。
 

 
 

本田 真依(ほんだ まい)
大阪府出身、在住。一男一女の母。「日本マザーズハグ協会」代表、「Happy Hug-ハピハグ-」主宰。ベビー&チャイルドマッサージ、ベビー&キッズヨガ、スクラップブッキング、アロマのインストラクター資格を保有。ママ向けの講座を多数開催。自治体や保育園・幼稚園・小学校などにも講師として招かれ、各方面で活動中。
http://happy-hug.jp/

2016-01-27 | 写真で楽しむ, アルバム 

関連記事