雨の日にこそ、カメラを楽しむ

雨の日こそ、撮影が楽しめるチャンス!

はじめまして。
バンクーバーにワーホリ中のkayokoです。バンクーバーは秋、冬と雨が多く、レインクーバーなんて呼ばれたりします。
夏のカラッとしたバンクーバーは最高で、レインクーバーは憂鬱・・・なんてお話も聞きますが、雨の日こそ、撮影が楽しめるチャンス!

 

水滴をうつす

雨のしっとりで雰囲気のある写真に。
露出補正を落とし、少し暗めにとるとドラマチックなテイストになります!
matumura_0001
 

アスファルトに写り込んだ反射が綺麗

すこし暗めの時間に信号や車の光、ビルの明かりが水面に反射してキラキラと幻想的です。
小雨が降っている早朝も、空気の澄んだしっとりとした雰囲気で写真が撮れるのでオススメです。
matumura_0002 バンクーバーのフリーマガジンOops!で撮影時に背景のぼかしに生かす形で撮影
 

わざとぼかす

反射が綺麗なので、全部ぼかして撮る写真も面白いです。
イルミネーションなどをぼかすのも、ありですよね!
matumura_0003
 

水面を写す

地面に目線をうつし、水面越しの街並みをうつすとまた違った雰囲気に。
matumura_0004-1
matumura_0005
 

雨上がり

このタイミングも好きなシチュエーション。
太陽が水たまりに映り込み、より色味が鮮やかに印象付けてくれます。
matumura_0006
matumura_0007
matumura_0008
matumura_0009
 

撮影機材
  • NikonD7000 レンズ 18−105mm(F3.5−5.6)
  • iPhone
  • OLYMPUS PEN EPL-2
 
 

Kayoko Matsumura
奈良出身。WEBデザイナー。現在はカナダにて、英語の勉強しながらワーホリ中。
バンクーバー情報誌Oops!の撮影スタッフ / web系イベント情報サイトScoob実行委員
portfolio site : http://nayo.me/
twitter: @nayo74

関連記事